ダスキンフランチャイズチェーン加盟店  ダスキン 日和支店
会社情報 商品情報 お掃除情報 個人情報保護方針 リンク お問い合わせ

「洗剤の働きを知って正しく使おう」

**合成洗剤**
 主成分は界面活性剤で、汚れの種類に合わせて、液性がアルカリ性・弱アルカリ性・中性
 ・弱酸性・酸性の5段階に分かれています。それぞれに適した汚れには、アルカリや酸が
 強いほど汚れは落ちやすくなるけれど、反面、手肌や材質には強い影響を与えます。
 合成洗剤を選ぶときには、ラベルに書いてある液性や用途、使用上の注意などの確認を忘
 れずに!

(界面活性剤とは・・・)
 合成洗剤や石けんなど、一般の洗剤の主成分になっているのが界面活性剤。汚れと水
 (油と水)を結び付けやすくする働きによって、汚れを材質から離して落とします。
 汚れが再びつきにくくする効果もあります。

**洗浄剤**
 主に酸やアルカリの化学作用で汚れを落とします。キッチンや浴室、トイレなどのしつこい汚
 れに使用。カビ取り剤、発泡タイプのパイプ用洗剤も、この洗浄剤のひとつです。
 一般に合成洗剤より強力なため、塗装面を剥がしたり、変色させたりする場合もあるので、要
 注意。説明書きをよく読んでから使いましょう。

**漂白剤**
 シミや汚れの色素を化学反応によって分解し、白さを回復させるもの。酸素を与えて白くする
 酸化型と酸素を奪って白くする還元型の2種類があります。

  ●酸素系(酸化型)
   塩素系より効き目がおだやか。脱脂力が強く、頑固な油汚れに効果があります。おそうじが
  難しい配水管の汚れ落しにも。
 ●塩素系(酸化型)
    漂白力が強いので、カビ汚れに最適。特にタイルの目地のカビ汚れなどに効果があります。
  ●還元型
   鉄さび汚れを取る場合に最適です。塩素系漂白剤や鉄分で黄色に変色したものを、元の色に
  戻す働きもあります。

**クレンザー**
  クレンザーは界面活性剤に研磨剤を加えたもの。こびりついた汚れをこすり落とします。
 粉末とクリームタイプがあり、クリームタイプのほうが粒子が細かく傷つきにくい。
 まずクリームタイプから試してみて。

「酸性」「中性」「アルカリ性」の
          用途はどう違うの?

 トイレ用の洗剤を買いに行くと、中性のものと酸性のものがあって迷った・・・。そんな経験
 はありませんか?洗剤のラベルには液性が表示されていますが、これが重要なチェックポイン
 トです。液性とは、溶液中の水素イオン濃度pH(ペーハー)のこと。pHは0〜14まであり、
 pH=7付近を「中性」、それ以下を「酸性」、それ以上を「アルカリ性」と呼びます。pHが低
 いほど、あるいは高いほど洗浄力がアップ。ただしその分材質や手肌に与える影響も大きくな
 ります。
 逆に中性の洗剤は洗浄力はマイルドだけれど、影響が少ないので安心して使う事が出来ます。
 アルカリ性の洗剤は、しつこい油汚れに効果を発揮。一方、酸性の洗剤は、尿石や石けんカス
 などの汚れに強いのが特徴。だから、トイレ用の洗剤の場合、普段のおそうじには中性を、頑
 固な汚れには強力な酸性を、というように落としたい汚れに合わせて使い分けるのが賢いやり
 方。

会社情報 商品情報 お掃除情報 個人情報保護方針 リンク お問い合わせ
ダスキンフランチャイズチェーン加盟店 株式会社サン・リビング・サービス 
Copyright c sunlivingservice Co.,LTD.All Rights Reserved